鏡を見て出る小さな溜息

色白は七難隠すと口癖のように母が言っていたのを、白いのだけが取り得かよ!と当時は腹が立ったものですが、そういうことがしみじみ分かる年になりました。

お風呂上りやメイクの時に覗く鏡に映る姿を見て、小さな溜息が漏れることがあります。
少しずつシミやシワが増えているのは、年齢のせいもあると諦めもしますし、それなりのケアも頑張ってやってるので、ここがゴールじゃないって言う気持ちも持ってます。

でも、若い頃つい勢いで潰してしまったニキビの痕が幾つか残っているのは、どうしようもないんです。

今から思うと信じられないぐらいの脂性で、毛穴の先に白いポツポツが沢山見えていることも多くて、洗顔してもパックをしても毎日が毛穴ケアとの追いかけっこをしてるみたいで、つい「えぇいっ!」って、潰したり絞ったりしちゃったんですよね。確かに浅はかでした。

一時だけなんとか我慢していれば良かったのにと、「どうして潰したんだよ!」と大きな声であの頃の自分に詰め寄ってやりたい気持ちになります。
潰すのは一瞬だけど、取り戻すのにどれだけ時間が掛かるか、そんなこと若い頃の私は考えても見なかったんでしょうね、きっと。

ここでは、あなたに一番効果のある化粧品がみつかるように、私が「良い」と感じた化粧品と、その根拠を解説しながらご紹介します。

ただ、毛穴のケアはとても大事です。「毛穴 開き 治す」で検索すると、黒ずみや毛穴開きに効果的なコスメや改善方法をご紹介しています。

へその周りのムダ毛が濃くったのでミュゼ福岡店で処理したい…

やっぱり誰だって、へその周りにはうぶ毛程度でもムダ毛って生えているのですよね。まあ、男性の場合は「ムダ毛」とは言えないのかも知れませんが、女性にとってはやっぱりへその周りの毛は、うぶ毛程度の細さであっても、ムダ毛であることには変わりありませんからね。

今ではミュゼのような脱毛サロンが、私がすむ福岡でもあるのですが、当時は子供ですから自分でなんとかするしかないんです。

ですからこそ、私は中学生ぐらいからへその周りの毛をムダ毛処理していました。具体的な方法としては、カミソリで剃っていましたね。

まだ中学生ですからミュゼのような脱毛サロンや除毛クリームや脱毛テープという方法も思いつかずに、単純にカミソリで剃っていましたね。クリームすらつけないで。

そして思うことと言えば、「カミソリでへその周りのうぶ毛をムダ毛処理してからの方が、なんかここら辺の毛って濃くなってきた?」ということです。ムダ毛処理をする以前と以後では、明らかにムダ毛処理を始めてからの方がへその周りのうぶ毛は濃くなってきてしまっているような…。

けれどもまあ、雑誌などのムダ毛処理特集などでは、「根元からカミソリで剃ることによって濃く見えているだけ?」などとありますが、けれどもやっぱり濃くなったように思うのですよね。さらに加齢も手伝ってのことなのか、今では髪の毛のように黒々としていますので。もう来年のためにミュゼに通おうと思っているんですけどね。

ムダ毛の剃り残しを防止するには

皆さんは、ムダ毛の剃り残しで悩まれたことはありませんか?

てっとりばやくミュゼ町田店などで脱毛しちゃえばいいんですけど、お金はかかりますよね。

せっかくきれいな服をきて露出をしたのに、剃り残しのせいで恥ずかしい思いや嫌な思いをするなんていやですよね。

今回は、そんな剃り残しを防止するための方法をいくつかご紹介したいと思います。

まず、カミソリを使っている人は、カミソリの切れ味を見てみましょう。

買ったばかりのカミソリは綺麗に剃れますが、使い込んでいくうちに切れ味が悪くなっていきます。

自分の使っているカミソリが錆びていたり、毛がつまっていたりしないか確認してみましょう。

カミソリを使う際に使用するクリームも大事です。

クリームは多すぎず少なすぎず、肌が白く覆うまで泡立てて使用してください。

肌からクリームがなくなるまで丁寧に剃ると、剃り残しが防止出来ます。

最後に、剃る部分を温めるようにしましょう。

お風呂に入る前に剃る方もいるかもしれませんが、剃る前にお風呂に入るようにしましょう。

温めることによって毛穴を開かせ、ムダ毛を柔らかくさせることにより、カミソリで剃りやすくなります。

以上の方法で、剃り残しに悩まされる日々とおさらばしてみませんか?

ですが一番効果があるのが、はやりミュゼなどの人気サロンで脱毛することです。

SSC脱毛はかなり有名で私はミュゼ 町田109店に通っていますが、ムダ毛がなくなってかなりキレイになっています。

これから一生ムダ毛の処理を自分でおこなっていくのなら、私はエステティシャンに任せたほうがいいと思います。